切手を貼る位置、正しい貼り方とは?切手を貼る場所がないときの対策も

封筒やハガキに切手を貼る位置、正しい切手の貼り方、切手を貼る場所がないときの対策方法について解説します。

※切手の剥がし方については、以下の記事をご参照ください。

【関連記事】
切手をはがす方法

切手を貼る位置、正しい貼り方とは?

普段、なんとなく貼っている切手ですが、実のところ、日本郵便が指定する正しい貼り方が存在します。

切手はズバリ郵便物を縦長にして「左上」の位置に貼るという決まりがあります。これは、郵便局内で仕分けをする際に使う機械の読み取り機能によるもの。

封書などを縦長にしたときの左上に切手が貼られていないと、うまく機械が読み取れないため、配達先の仕分けが滞ります。

機械で認識できなかった手紙は、郵便局員さんが目視・手作業で仕分けを行い消印を押します。人的な労力を削減するために、切手を貼る位置については明確なルールがあるのです。

※ただし横に長い封書などは、右上に切手を貼ります。

切手を貼る場所がないときはどうすればいい?

切手を貼る位置は基本的には左上、横長の場合は右上です。

しかしながら「そもそも、郵便物に切手を貼るスペースがない」とお困りのケースもありますよね。「貼りたい切手の枚数が多くて、左上の場所に切手を並べると、住所や手紙の内容が隠れてしまう」というケースも考えられます。

郵便物に切手を貼る場所がない場合は、1枚だけを所定のスペースに貼り、残りは裏面などに貼りましょう。その際、1枚貼った切手のすぐ下に赤文字で「切手裏面貼付」と記載します。この方法ならば、空きスペースが少ない郵便物にも郵便番号や住所、文面を隠さず切手の貼り付けが可能。所定の場所に1枚貼る切手は、郵便番号・住所を隠さない位置に貼ってください。

1つの郵便物に対し、切手を貼る「枚数」に制限はありません。手元に余った切手が何枚かある場合も、上記の方法で郵送できます。

※切手の貼付に枚数制限はありませんが、大事な文書を大切な人へ送る場合は寄せ集めの切手だと受取手が良く思わない可能性があります。状況に応じて、切手の貼り方には注意しましょう。

まとめ

  • 郵便物を縦長にした場合は「左上」に切手を貼る
  • 郵便物が横長の場合は「右上」に切手を貼る
  • 切手を貼る場所がないときは、所定の位置に1枚貼り、そのすぐ下に「切手裏面貼付」と赤字で記載。残りの切手は開いたスペース(裏面など)に貼る

魚釣りで気分をリセット 趣味の時間を大切に

生きていると沢山のストレスを抱えます。
私は職場での人間関係が一番ストレスだと感じています。
中間管理職という立場は上司と部下の板挟み。
普段から業務以外に悩むことが沢山あります。

ストレスを貯め込んでも仕方がない。
そこで私は休みの日は思いっきり趣味の魚釣りに没頭して現実逃避することにしています。
朝から晩まで携帯電話の電源も切っています。

一切、仕事の事を考えずに海を眺めてリラックス。
波の音と綺麗な景色に心を洗われる時間を持つようにしました。

結果、どうしてこんな些細な事で悩んでいたんだろうと思えるようになりました。
毎週末、海で過ごすようになってからは日々のストレスを週末にリセット出来るようになりました。
ストレスが無くなったわけではありません。

しかし、ストレスが貯まらなくなり日々の業務もスムーズに行えるようになりました。
仕事中に人間関係の事を考える時間が減ったため、仕事の効率が上がったせいか会社の評価も上がりました。

コロナという強力なストレスの素といつも戦っているような気がします。
コロナが原因で世帯収入が大幅に減り、家族4人で暮らさなくてはならない我が家の家系は火の車です。
食費、家のローン、通信費、様々な支払いに追われながら毎月過ごしております。

お金もないしコロナ禍でどこかに出かける事もできません。
そう考えた時もっともお金を使わないストレス解消法は家族全員で釣りに出かけることでした。
その日の晩御飯のおかずを釣って食卓に出せばストレスも解消されお金もかかりません。
初期費用も100円ショップの1000円の釣りざおを買えばそんなにかかりません。

一度釣りに出かけてしまえば7、8時間は家には帰ってこないので電気代も節約できます。
釣りに出かけることで食費は浮き電気代の節約にもなるので一石二鳥のストレス解消方法です。
釣り仲間が出来るので人と繋がれます。
このストレス解消方法は釣りをしている限り効果は出続けるので私に合った方法です。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたいトリートメント♪