法務事務所のスタッフの専門知識と実力は大丈夫?

債務整理をするときに依頼する法律の専門家に求められるのは「専門知識」と「実力」です。
私たちのような一般人にはあまり知られていないことですが、弁護士や司法書士の実力には非常に差があるようです。

せっかく費用を支払って依頼したのに「失敗に終わった」なんてことになれば、それまでの借金苦と合わさりとんでもない事態になってしまいますから慎重に事務所選びはしたいものです。
今回は、東京にある司法書士事務所の専門知識や実力は大丈夫なのかどうかを検証しました。

個人、法人の両方の法律問題を取り扱っています。「コンプライアンス」「債権回収」「事業承認」「M&A」「顧問」など、高い専門知識が必要な法人の法律問題を扱える弁護士はそれほど多くはなく、それだけ高い実力があるということになりますね。
企業の顧問弁護士を引き受けられるということも、信頼をされている証であるといえるでしょう。
債務整理は、あるいみ債権者との戦いになりますので、高い専門知識がないと太刀打ちできないこともあるのです。

なぜなら、債務整理においては金融業者のほうでも弁護士を雇っていることが普通ですので、弁護士同士の実力勝負になることもありますので、債務整理を依頼する方もできるだけ実力のある弁護士に依頼をしておいたほうが良いのです。

法務事務所は歴史のある司法書士事務所です。
よく「ベテラン司法書士」といいますが、代表はベテランの司法書士です。
しかし、法務事務所を開いてからすでに40000件以上もの法律相談をこなしていて、これはベテラン司法書士に匹敵する数です。
短期間にこれほどの司法書士問題を解決するというのは、信用と実力がなければ成し得ないことです。

こういった実績を見てみると、いかに法務事務所の実力が高いかがうかがえますね。
メディアによく登場する法務事務所は一般の人が読む週刊誌や、専門誌で取り上げられています。

また多くの司法書士の講演もされていて、かなり”有名人”です。メディアに露出するということは”諸刃の剣”でもあって、良い評判も悪い評判も瞬く間に広まってしまうものです。
代表となり積極的にメディアに登場するということは、健全な法律活動をしていることと、絶対的な自信がなければできないことです。

この点からも 法務事務所の実力や専門知識の高さは計り知れるでしょう。今回は、 法務事務所の専門知識と実力を判定するために、どちらかというと「すごい部分」ばかりに焦点を当てましたが、個人向けの小さな案件に対しての取り組みにも積極的です。
とくに若年層の多重債務者への救済活動をされているようですので、個人向けの債務整理に関しても洗練したノウハウが充実しているようです。

面談なしは危険?遠方から債務整理を依頼する時の注意点